loading...
働きやすい職場の推進
TOP働きやすい職場の推進

従業員が誇りを持って働ける
企業を目指して

新世では平成28年度に横浜市のグッドバランス賞を初めて取得するなど、積極的に「働きやすい職場」の推進を行っています。
これらの取り組みを通じ、「ここで働き活躍したい」と思われる企業を目指しています。

新世は「よこはまグッドバランス賞」認定企業です

よこはまグッドバランス賞とは、ワークライフバランスの推進や、男性も女性も働きやすい職場づくりを行なっている企業に対して、横浜市がその取り組みを評価した企業が認定される賞のことです。

親世では平成27年度から働きやすい職場の推進を積極的に行い、平成28年度に初めてグッドバランスのブロンズ賞を受賞しました。

YOKOHAMA Good Balance BRONZE

育児・介護休暇制度

育児・介護休暇制度
育児・介護休暇制度

育児休業制度を利用する上で、上司と相談の上、女性社員が1年間の育児休暇を取得後、職場復職が可能になりました。

また、復職後も有給休暇とは別に、育児・介護休暇を年5日間までは時間単位で取得出来るようにしました。子供を持つ女性社員が保育園に通う子供の急なお迎えや、子供の病気時の通院や予防接種等が行きやすくなりました。

育児・介護休暇制度
女性社員の活躍のサポート

新世では現場監督として女性社員が活躍しています。現場監督は現場での力作業ではなく、工事全体のスケジュールや段取りを決めることが主な仕事です。男性にはない女性の丁寧さや細やかな気配りなどの特徴は、現場監督として最適な能力です。

現場監督として女性が活躍できるようなキャリア支援や、監督監督として必要な資格の取得できるように、研修費の全額補助や就業時間内での通学を認めるなど、支援体制を整えています。

健康管理のサポート

横浜健康経営でクラスAの認証

従業員の健康づくりを経営的な視点から考え、経営課題としてに取り組む事業所を、横浜市が横浜健康経営認証事業所として認証する制度です。本年度は初挑戦でしたがクラスAの認証を頂きました。

今後はさらに「経営者の理解と関与」「健康経営の推進」「取組の評価」のPACDサイクルを実施して、クラスAAAを目標に”やりがい”と”思いやり”のある職場づくりを進めます。

人も企業も輝く新世をめざして

「健康経営」とは何でしょうか?以前から多くの企業で取り組んできた従業員等の健康管理とは何か違いがあるのでしょうか。
従来の職場での「健康管理」は、従業員等にけがや病気がなく、企業活動を継続するための、労働安全衛生法に基づく取組でした。

一方、新世が今回導入した「健康経営」は、従業員等の健康の保持・増進の取組が、将来的に企業の収益性を高める投資であると捉え、従業員等の健康づくりを経営的な視点から考え、戦略的に実施する取組です

より働きやすい職場へ

新世の働き方改革は始まったばかりです。改善の余地はまだまだたくさんあると思っています。今後はリモートで働ける仕組みやフレックス制度を導入することで、従業員がより働きやすいと思える環境を整える予定です。

導入済みのサイボーズofficeに加え、2017年10月よりマイクロソフトOffice365及び勤怠管理システムとしてアマノtimep@ckを導入しました。これにより現場事務所や自宅から社内と同様に安全にファイルにアクセスが可能になり、就業時間管理もインターネット経由で本社で瞬時に把握できるようになりました。サイボーズとの併用で情報共有、ファイル共有、移動時間削減など、働き方改革の具体的一歩を踏み出しました。

また、今後数年で定休日を毎年1日ずつ増やすことも従業員に約束しています。(2018年度は102日、2020年度まで1日/年の休日増が決定しています)今後も、新世で働く全員が働きやすいと思えるための取り組みを積極的に進めていきます。


より働きやすい職場へ

お問い合わせ